筆まめver25ベーシックとは

筆まめ25ベーシックについて、説明してみます

まず、筆まめVer25ベーシックとは、500円前後で書籍(雑誌)にて販売されて、
付属しているものです
※また、特定メーカーのパソコンに最初からインストールされている場合もあり
筆まめベーシック

※※※検索では、違うソフトやバージョンも表示されるので、確認が必要です

★では、最初の筆まめ種類と選び方で説明してい製品とは、どうちがうのか
それは、機能制限がさらに厳しいものになっていることです。
特に初心者さんに必要な機能が以下3つがないこと
●はじめてモード
●年賀状デザインナビ
●往復はがきデザイナー
そのため、価格も非常に安い設定になっています。
その機能制限とは、「白紙状態」から作成することしかできません。

■初心者さんで、初めての方が、使用するには、はっきり言えば、難しいかもしれません。
一応書籍なので、本としての基本作成も載っていますが、
素材集やフォントにも、通常版と比べてかなり、少なくなっていますし、
500前と5000円の差があるので、当然同じであるわけがありません。

★個人的な見解ですが、本当の初心者さんで、初めての方は、通常版を購入されたほうが
全ての機能が使用できるので、簡単だと思います。

筆まめ25ベーシックのインストールやり方と通常版筆まめ26違いWindows10編

◆2014年の過去記事で、このあたりのことを詳しく説明しています以下
以下の記事は2014年に書いたものなので、筆まめ24ベーシクになります
年賀状ソフトの筆まめVer.24ベーシックと筆まめVer.25(通常版2015年)の違いをまとめてみた

■上のリンク先の記事内容で説明している、動画ですが、非常に質問が多かったので
ここで付け加えて説明しておきます
筆まめVer.24ベーシックと製品版の筆まめVer.25(通常版2015年)の違い
筆まめVer25ベーシックをインストールすると、通常版と同じ画面が表示されますが、
一番重要なデザイン画面作成において、白紙画面から作成しか使用できません。赤矢印
※デザイン画面とは、年賀状の裏面を作成することです
001

●筆まめ24ベーシックも筆まめ25ベーシックもともに、値段が通常版とくらべて
激安の価格なので、機能制限があるということを理解して購入することになります
過去に筆まめを使用したことがあって、慣れている方は、こちらでも、
問題なく、作成できるとおもいますが、このあたりは、自己判断になります

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする